So-net無料ブログ作成

どれほどためても [一行哲学]

どれほどためても使えないもの、それが後悔である。使えないのだから投げ捨てよ。 

一行哲学


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 6

コメント 8

銀鏡反応

以前「なんとかの智恵は後から出る」という言葉があることを知り、如何いうことを言っているのか、その意味を尋ねたら、“後悔すること”を”後からの智恵”だといっている、とのことでした。

何が起こるか皆目分からぬ人生の大海で、取り返しのつかないミスを引き起こし、渦に巻かれて死ぬように、後悔の中で生涯を終えたくないものだと、つくづく思います。
by 銀鏡反応 (2008-06-08 23:27) 

参明学士

★銀鏡反応さん、確かに「後からの智恵」をいくら出してみたところで、その修正など為しえませんよね。
後悔を引きずりながら歩み日々に軽快さは出ません。「さぁ先だ!」と言って前を向くことでいらぬ後悔を捨て去ることができるのではないでしょうか。
by 参明学士 (2008-06-09 16:45) 

norinori27

「あれをしておけばよかった。。」
と後悔しないように地震の備えはしっかりしようと思った
週末でした~~。
by norinori27 (2008-06-17 23:45) 

参明学士

★norinori27さん、地震、大丈夫でしたか??あまりに巨大な揺れは本気で怖いですよね…。
余震もまだまだ続くとのこと。どうか、備えを充分になさってくださいね。
by 参明学士 (2008-06-18 09:26) 

アキオ

反省や、よし。
後悔は無駄。

なんですけどね、、うーむ、しない人生って憧れるw
by アキオ (2008-07-10 20:13) 

参明学士

★アキオさん、後悔がずっと己の前進を妨げるものだとしたら、やっぱり「投げ捨てる」べきなんだと思うんです。どれほど考えてみても、結局人生には「この先」しかありませんからね。
by 参明学士 (2008-07-10 22:44) 

パソコンオタク

次に後悔をしないように今の後悔をいかせればそれは使えなくもないかもしれないです。ためればそれだけ経験も増えるのだからなんでもかんでも投げ捨ててはいけないと思います。
まぁ、これは私の個人的な見解ですが・・・
余計な意見失礼しました。
by パソコンオタク (2008-08-06 02:15) 

参明学士

★パソコンオタクさん、仰る通りだと私も思います。後悔を活かすことができた瞬間に、それは「後悔から価値ある経験」に変わるものだと考えます。そして、すべての選択はその瞬間に価値が分かるのではなく、その後の自分の行動によって選択の価値が光ることも、あるいは陰ることもあると思います。
ここで言う「後悔」は、ただ自らにずっと重くのしかかる闇を抱え続けることを指しています。それは人生にとって前進ではないはずです。やはり人生は「この先」しかありません。過去をいたずらに悲観してはならないということを書いてみました。
by 参明学士 (2008-08-06 09:17) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。