So-net無料ブログ作成

「逆襲のDoCoMo」 905iシリーズ 出撃 [新しいもの]

 純減続き、MNPでも転出超過が激しく、叩かれっぱなしであったDoCoMoがついにキレた?!本日、新端末が発表され、その全貌が明らかになった。待ちに待った905iシリーズ。今までの機種は何だったのかと言いたくなるような完成度である。

905iシリーズ左上から、D905i F905i N905i P905i SH905i
左下から、SO905i N905iμ SO905iCS P905iTV SH905iTV

 
 DoCoMoユーザーを10年も続けていて初めてではなかろうか、私が新機種を買おうと考えているのは。今までは型落ちの新品を無料に近い形で入手してきたが、それはサービスも端末にもそれほど魅力がなかったからであった。まして、新機種を選ぶのに悩むなどということはほとんどなかったと言っていい。今までのDoCoMoは「何かをつけると、何かが落とされている」というアンバランスな端末ばかりを出していたのだ。ワンセグはあるけど、ハイスピードはなし。音楽はあるけど、ワンセグはなし。ワンセグはあるけど、録画できない(バカにしているのか?)、ワンセグも音楽もあるけど、画面はQVGA(要するに低解像度)、パケホーダイはあるけど、フルブラウザは非対応、カメラはあるけど低画質、極端に内臓メモリ容量が少ない機種などなど、数えたらキリがないほど中途半端なものばかりを出していたのであった。メカにウルサイ人から見ると、本当に中途半端で怒り心頭に発したものであったはずだ。その間に、auやソフトバンクは「全部入り」という端末を次々と投入し、着実にユーザーを確保していったのである。

 MNPによってそうしたユーザーによる厳しいクオリティ評価が、ここしばらく続いた純減の坂を転げ落ちていった事実に冷厳に結びついていたのである。そこへきて、今回の905iシリーズを見てみると、一つの携帯業界の転換期を予感させる仕上がりと言って良いのではないだろうかと思うほどの出来である。今までは王者の驕りに付け入ってauやソフトバンクが小競り合いを征してきたのだが、今回は王者がまわしを締めなおした形で逆襲をしかけてきたと言えるだろう。これらの端末は断じて他社に負けるようなものではない。互角以上に張り合うクオリティを備えているはずだ。

 ともかく、「全部入り」の端末がズラリと並んだ。何が良いか迷うということはユーザーにとっては嬉しい悲鳴とも言えるだろうか。各端末の詳細はドコモのサイトインプレスITmedia等を参照されたい。

 

 で、私は何を選ぶのかというと…。

 

 P905i

 

 

 

 思えば私が初めて買った携帯電話はP205だった。それ以来松下製は使ったことがなかったが、今回はこの機種で決まりかと思っている。スペック的なものは他機種とあまり変わりはないのだが、実は唯一P905iだけが「Bluetooth」を搭載しているのだ。音楽もワンセグもコードなしで本体をかばんの中に入れながらワイヤレスで楽しむことが出来る。わずらわしいコードから唯一解放されるのがこの機種なのだ。ワイヤレスというのは多少音質が犠牲になる部分もあるが、携帯機にさほどの音質など私は求めてはいない。それよりもコードがないという画期的な機能を存分に楽しみたいのである。SO905iにこの機能があれば、そっちを選んだかもしれないが、残念ながら905iシリーズではこのPだけがBluetoothに対応している。その他、外部メモリーカードについてだが、既存のmicroSDカードスロットと併せて、次世代の「microSD TMHCカードスロット」にも初対応した。後者のカードは既存のmicroSDよりも大容量(4G、8G)のカードが準備されているので、多くのデータを持ち歩く人にとっては朗報であろう。この機種さえ持っていれば、次世代カードにまで亘って対応が可能になり、利便性は更に拡大することだろう。加えて、WMV(Windows Media Video)形式のファイルも再生可能である。汎用性の高いフォーマットで動画再生が可能なのは便利なことであるし、将来性も期待できるわけだ。他機種ではこの機能がないものもあるので、選ぶ際には注意すると良いだろう。

P905i動画

 操作ギミックとしてはシンプルなPだが、他機種には様々な機構が凝らされているものもある。SO905i(メモリースティックには非対応でmicroSDのみ対応)は、FOMA初の「Jog」が搭載され話題性も大きく、N905iはニューロポインター(PCでいうマウスの役割を果たす)があったり、SH905iにはタッチクルーザーという、ノートPCのトラックパッドのような機能を備えているものもある。選択が悩ましいというのは、まさにこうした独自機能の部分であり、これをユーザーがどう評価するかということになるのである。個人的にはPのダイヤルボタンの下にある「マルチタスクボタン」があったことがとてもありがたい。これは2種類以上の機能を同時に起動するというボタンなのだが、機種によっては他のボタンと「兼用」だったりするので、出来れば独立したキーを望んでいたのである(ちなみに今、使っているF901isも独立したマルチタスクボタンを備えている)。
 
それから重要なものとしてカタログからは伝わってこない「キーレスポンス」が挙げられる。端末の操作感が「サクサク」か「もっさり」かが端末評価の分かれ目になっている部分もあるのだ。キーを押下してから実際の反応までに時間がかかるようでは、いかに高機能でも相当に不満が残るものとなってしまうだろう。そういう意味ではカタログやウェブからだけではわからない部分も確実にあって、DS(ドコモショップ)などでホットモック(実機)を触ってみないことには判断のしようがない端末の実力部分が気になるところでもある。

 ともあれ、新販売方式も提示し、時を合わせてキャリア間を考えても過去最強とも言えるハイスペック端末を大量投入したDoCoMo。11月末頃から順次発売とのこと。この彷徨える王者の一手が業界の構図をまたも昔に引き戻すのか、ユーザーの反応が実に楽しみな端末発表会となった。

 これから悩ましい端末選びの大激論が巻き起こってくるに違いないと信ずるものである。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 5

コメント 8

銀鏡反応

お久しぶりです。当該記事をみて、うむむむ…!と思わず唸ってしまいました。今度新しく出たDoCoMoの905iシリーズ、どの機種を取って見ても、DoCoMo逆襲の匂いが濃厚に伝わって参ります。

個人的には無論SOを!と言いたい所ですが、このP905iの恐ろしくスマートなデザインにくらくら痺れてしまいました…!おまけにワンセグ、Bluetooth搭載…何もかもが好く出来過ぎているといえるほど素晴らしい出来であります。
Pには他に「VIERAケータイ」(P905iTV)もあるんですね。でも、デザインと総合力では、少なくとも私はP905iのほうが上だと思います。

さてSOですが、Jogが搭載されるのはDoCoMoむけソニエリ製端末では初めてとの事…!是非実機をさわってジョグの感触を久方振りに確かめてみたくなりました。

Pも素晴らしいがSOもやはり捨て難い…私自身も選択に迷うような、今度の905iシリーズだと思います。
p.s. 若しP905iを色で選ぶなら、個人的にはレッドがいいなと思います。SOなら905iか905iCSのどちらか迷ってしまいますが、最終的にはCSを選ぶかもしれません。
by 銀鏡反応 (2007-11-01 20:37) 

サファイヤ

これが以前、こちらのブログで説明されていた携帯ですね。
確かに使いやすそうです。ワイヤレスで音楽が聴けるのは魅力ですね!私もたぶんPを買っちゃいます。
by サファイヤ (2007-11-01 23:30) 

kyao

いまひとつ、どれを購入すべきか迷うラインナップですが、私も今はPを考えています。BlueToothも付いてるし(笑)。思えば、私も最初に買ったのもたしかP201だったか? (^^;
仰るとおり、今までのDoCoMoのラインナップってどこか中途半端だったんです。今度はちょっち期待できそう。あとは端末の価格だけが気になります。(^^;
by kyao (2007-11-02 08:22) 

DoCoMoが中途半端な機種を出している間にMNPでauに乗り換えたありしあです(^^;)
今回のDoCoMoのラインナップはなかなか魅力的ですよね~。もっと早く出してくれれば浮気なんかしなかったのに…
価格がどうなるか心配ですね。
by (2007-11-03 21:08) 

mana

ずーっと機種変更しようと思いつつ、なかなか「これっ!」というデザインのものが見つからず延び延びになっています。
カメラくらいしか使いませんし、ワンセグが付いていてもここ(地元)では写らない可能性が…(^^;
なので、デザイン重視ですね〜
905シリーズでは、P905iがスッキリしていて良いかなぁ〜それとkyaoさんとありしあさんが仰っているように、価格でしょうか…(^^;
by mana (2007-11-05 07:16) 

参明学士/PlaAri

★銀鏡反応さん、確かにSOとの迷いがありますよね。私もSOにBluetoothがあれば確実に選んでいたのですが、今回はやはりPになりそうです。Jogとかはとても魅力的で惜しい気もしていますが、次回作にも期待したいですね。ちなみに私もPならレッドが候補になります。

★サァファイアさん、そうです、これが以前にご紹介した905シリーズになります。サァファイアさんもPですか。今回はやはりP受けが良いようです。私もP予定です~。

★kyaoさん、今回の905シリーズは「P」の注目度が大きいようですね。私もP狙いですが、発売後少しだけ使用感などの評価を見つつ、最終決定したいなと思っております。

>価格

気になりますねー。48,000円の説が強そうですが、割賦払い方式がどのようになるのか見てみたいですね。基本料金下げよりも、私としては通信料金を下げてくれと言いたいですね。長期ユーザーを舐めすぎです。各キャリアとも。

★ありしあさん、905シリーズでDoCoMoのMNP出戻りが増えるかもしれませんね。それくらい今回のシリーズは受けが良さそうです。あとは価格ですね。

★manaさんもPに行きますか!今回は本当にPが勢いが良さそうです。ヒンジが特殊なので、強度が気になるところでありますが、機能てんこ盛り機種とくればPということに落ち着くと思います。
価格は高止まりするでしょうけれど、割賦方式がどのようにアナウンスされるかを見ておきたいですね。
by 参明学士/PlaAri (2007-11-08 16:55) 

barbie

ご無沙汰でした。25日でブログ開設まる3周年ですね。おめでとうございます。
また最近ケイタイが没してしまいました。今は友人から借りた古いFOMAでしのぎを削っています。年明けには新機種と思ったのですが、むっちゃ高いですね。
by barbie (2007-11-28 11:59) 

参明学士/PlaAri

★barbieさん、ありがとうございます!ブログ開設3周年になっていましたね。自分でもすっかり失念しておりました…。お祝い頂き、本当にありがとうございます。

>むっちゃ高い

はい。今後はこの値段が標準になっていくでしょうね。機能てんこ盛りも良いですが、シンプルケータイで値段をグッと下げてくる戦略も採ってほしいですね。
私も機種変するかどうか悩ましいところです。
by 参明学士/PlaAri (2007-12-02 16:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。